医者と言えば、一般の人と比べても圧倒的に高いステータスを持っているもの。

30代後半から40代前半には年収も高くなる

収入も30代後半から40代前半には年収で800-1000万円近くになっている方も多いですし、社会的な肩書として現代でも通用しますので、医師というだけでも引く手あまたとなるのではないでしょうか。

しかし、だからといって全ての医者が結婚できているわけではありません。

確かにステータス自体は平均的にどのような方を見てもある程度高くなると思います。

ただ、やっぱり一人ひとり違う方々なので、結婚となれば、どうしても性格の面であったり、価値観が合わないなどの理由でうまくいかないことも出てくるものですよね。


ポジティブで前向きな変化

そして、一つの職場で働いている限りなかなか新しい出会いのチャンスが訪れないのもこの医療業界の常、どうしても婚活のチャンスは減ってきてしまいます。

しかし、そこで敢えてオススメしたいのが「転職を転機」にすることです。

結婚のために転職を検討すると言われれば、人によってはそこまでしなくても…と感じるかもしれません。

しかし、職場環境を変えることで新しいチャンスが増えるのであれば、結婚を願う人にとってはポジティブで前向きな変化であることは間違いありません。

なので、このように悩んでいるのなら、ぜひ一度考えてみるのもアリなのではないでしょうか。